Tickets purchase
VideoPass purchase
News
23 days 前
By Ducati Team

ドビツィオーソ「より速くコーナーに進入できる。驚いた」

昨年優勝を挙げたセパンで18年型をシェイクダウン。昨シーズンを維持する戦闘力で2番時計。

ドゥカティ・チームのアンドレア・ドビツィオーソは、昨年10月の第17戦マレーシアGPで3番グリッドからシーズン6勝目を挙げたセパン・インターナショナル・サーキットに戻って来ると、トラックコンディションがウェットからドライに回復した14時半過ぎから走行を開始。9度のコースインで35ラップを周回すると、2分00秒台を2回、1分59秒台を2回記録し、トップタイムから0.343秒差の2番手に進出した。

「午後にニューバイクを試し、比較するには十分な時間だった。明日も比較作業を継続する。もしかしたら、良いことが見つかったかもしれない。特にコーナーに入って行く最後ところ。フロントが少し良くなり、より速くコーナーに入って行くことができる。これは良いことで驚いた。」

「昨年と比べ、大きな違いはない。コーナーの進入だけ。初日とラップタイムが嬉しい。昨年のレースのような始まりで、僕は非常に戦闘的で、このバイクでフィーリングが良くなった。まだバイクを理解しなければいけないけど、本当に嬉しい」と、幸先のスタートが切れたことを喜んだ。