初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase
News
6 days 前
By motogp.com

オフィシャルテスト~バグナイアが連日の1番手

ドライコンディションの中、バグナイア、マルケス、バルダッサーリがサーキットベストラップを突破。

中量級のオフィシャルテスト2日目は13日、ヘレス・サーキットで行われ、初日1番手発進のフランセスコ・バグナイアが1分41秒台を最多の4回記録。サーキットベストラップを非公式ながら0.442秒更新するトップタイムをマークして、総合1番手を維持した。

1日目は、2度目のセッションがウェットコンディションとなったが、2日目は、路面温度が28度まで上昇したドライコンディションに恵まれ、当地に集結した31名のレギュラーライダーたちがテストプログラムを実行。

初日2番手のアレックス・マルケスと初日5番手のロレンソォ・バルダッサーリも1分41秒台に進出。ルカ・マリーニ、マティア・パシーニ、ミゲール・オリベイラ、サム・ロウズ、レミー・ガードナー、ブラッド・ビンダー、チャビ・ビエルゲがトップ10入り。初日19番手の長島哲太は、87ラップを周回してトップタイムから1.548秒差の24番手。

パシーニとロウズは2度、マルケス、オリベイラ、ガードナー、ジョー・ロバーツが1度の転倒を喫したが、大事には至らなかった。

オフィシャルテスト
1日目: 1分42秒330 (フランセスコ・バグナイア)
2日目: 1分41秒638 (フランセスコ・バグナイア)

サーキットレコード: 1分42秒596 (17年‐フランコ・モルビデッリ)
サーキットベストラップ: 1分42秒080 (17年‐アレックス・マルケス)

推奨記事