Tickets purchase
VideoPass purchase
News
7 days 前
By Movistar Yamaha MotoGP

ロッシ&ビニャーレスがフィリピン経由タイ入り

タイ・ブリーラムでのオフィシャルテスト前に、フィリピン・マニラで受けた熱狂的な歓迎に感激。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシとマーベリック・ビニャーレスは14日、ヤマハ・モーター・フィリピンが主催するディーラーコンファレンスや市販車の発表、地元メディアのインタビューに出席するために、フィリピンの首都マニラを訪問。15日には、オフィシャルテストの開催地、チャーン・インターナショナル・サーキットでヤマハ・モータースポーツ・メディアコンファレンスに出席した。

昨年に続いて2度目のフィリピン訪問となったロッシは、「毎年のように、テストの前にはアジアツアーを行い、マニラを訪れたのは今回が2度目。モーターサイクルの情熱は本当に信じられないから、ここを訪れるのはナイスだ。さあ、これからテストに集中しないと。僕たち全員にとって新しいサーキット。セパンのテストはポジティブだった。もう一度、僕たちのM1を改良するために仕事を始めたい」と、イベント参加とテストの抱負を語った。

ビニャーレスにとっても2度目の訪問となり、「フィリピンのイベントは本当に楽しかった。信じられないほどの沢山の人たちが来てくれた。このような熱狂的な歓迎は思ってもいなかったし、とてもフレンドリーで熱狂的な大観衆に囲まれたことで、僕たちを誇りに思ってもらえるように、エクストラなモチベーションを与えてくれる。さあ、ブリーラムのテストに集中しよう。新しいサーキットでM1を走らせたくて待ち切れない」と、感想を語った。

Here we go ✊???????? Ya en Buriram ✊???????? #25gang

Maverick Viñales Officialさん(@maverickvinales25)がシェアした投稿 -