Tickets purchase
VideoPass purchase
News
7 days 前
By Ducati Team

ドビツィオーソ「バイクのフィーリングとリズムが嬉しい」

チームメイトが旧型との比較テストを実行する一方で、新型でのテストプログラムを集中。

ドゥカティ・チームのアンドレア・ドビツィオーソは、チャーン・インターナショナル・サーキットで開催されたオフィシャルテスト3日目、最終日に初日に投入した新型フェアリング、2日目に投入した新型シャーシのテストプログラムを実行。10度のコースインで58ラップを周回すると、1分31秒台を14回、1分30秒台を8回記録して、トップタイムから0.411秒差の7番手、総合7番手だった。

「シャーシは良い感じで、2日目とは違った感触があったけど、ポジティブとネガティブなことがある。全体的には良い」

「主にシャーシの仕事に取り組んだ。良い感じで、2日目とは違った感触があったけど、ポジティブとネガティブなことがある。全体的には良い。ちょっとした小さなことが、走らせることを容易にさせてくれる。1つのセクターを完璧に走ることができなかった。誰がベストなのかを理解することは不可能だけど、バイクのフィーリングとリズムが嬉しい。僕たちの仕事の仕方も嬉しい」と、と3日間で196ラップを周回した後、結果以上に収穫があったことを説明した。

オフィシャルテスト (パーソナルリザルト)
1日目: 1分30秒945 (4番手/60ラップ)
2日目: 1分30秒494 (9番手/78ラップ)
3日目: 1分30秒192 (7番手/58ラップ)

オフィシャルテスト
1日目: 1分30秒797 (カル・クラッチロー)
2日目: 1分29秒969 (マルク・マルケス)
3日目: 1分29秒781 (ダニ・ペドロサ)