Tickets purchase
VideoPass purchase
News
3 days 前
By Aprilia Racing Team Gresini

エスパルガロ兄「ストップ・アンド・ゴーで引き離される」

17年型との比較で18年型の進歩と向上した戦闘力を確認。課題はストップ・アンド・ゴーのコーナー。

アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニのアレイシ・エスパルガロは、今年2度目のオフィシャルテストに参加するため、チャーン・インターナショナル・サーキットを訪れると、「考えていた以上に楽しい。全てがストレートとブレーキングで繋がり、特に面白くないけど、全体的にナイスなトラック」と、第一印象を語ったが、1日目は転倒を喫して15番手。

2日目から1日目の課題となった第1と第2セクターの攻略を追求。最終日は12度のコースインで65ラップを周回すると、1分31秒台を16回、1分30秒台を2回記録して、トップタイムから0.920秒差の14番手、総合14番手だった。

「もしかしたら、アプリリアに加入してから、今回が最も過酷だったかもしれない」

「このトラックはタフだけど、改良すべき分野を明白にすることができた。アプリリアを全面的に信頼している。シーズンに向けて、グッドなベースでスタートが切れるはずだ。問題を引き起こした分野は、ストップ・アンド・ゴーのコーナーで、ライバルたちから引き離された。最終日に改良することができたけど、ギャップを詰めるには十分ではなかった。僕は全力を尽くしたけど、もしかしたら、アプリリアに加入してから、今回が最も過酷だったかもしれない。ラップ毎に改善と成長を続けたい」と、3日間で192ラップを周回した後、次回のテストに向けて課題を説明した。

オフィシャルテスト (パーソナルリザルト)
1日目: 1分31秒662 (15番手/62ラップ)
2日目: 1分31秒130 (17番手/65ラップ)
3日目: 1分30秒701 (14番手/65ラップ)

オフィシャルテスト
1日目: 1分30秒797 (カル・クラッチロー)
2日目: 1分29秒969 (マルク・マルケス)
3日目: 1分29秒781 (ダニ・ペドロサ)