Tickets purchase
VideoPass purchase
News
3 days 前
By motogp.com

コーク・バリントンの殿堂入りが決定

2年連続のダブルタイトルを獲得した南アフリカ人ライダーが、28人目のレジェンドとして、フィリップアイランドで殿堂入り。

ドルナスポーツは20日、250ccクラスと350ccクラスで1978年から2年連続して、ダブルタイトルを獲得した南アフリカ人ライダー、コーク・バリントンがレジェンドとして、殿堂入りすることを発表。フィリップアイランド・サーキットで開催される10月の第17戦オーストラリアGPの際に授賞式が行われる。

1976年5月、ムジェロで開催されたネイションズGP(350ccクラス)でデビュー。同年9月、バルセロナのモンジュイックで開催された市街地レースの最終戦スペインGP(350ccクラス)で初優勝。1978年からカワサキのファクトリーチームから22クラスにフル参戦を開始すると、1年目に250ccクラスで4勝を含む8度の表彰台、350ccクラスで6勝を含む9度の表彰台を獲得して、両クラスでタイトル獲得。

2年目は、250ccクラスで7勝を含む9度の表彰台、350ccクラスで5勝を挙げて、2年連続して両クラスを連覇することに成功。1980年は250ccクラスと500ccクラス、1981年と1981年には500ccクラスに参戦。通算88戦に出走した。

「私は圧倒されています。少年時代にバイクと共に生きることを望み、それを楽しむことができた旅を振り返りました。それは、今日までの人生において、あらゆる面に影響を与えている信じられない旅でした。既にリストに掲載されているエリートグループに加わることは、大変名誉です。キャリアを通じて、決して認識されることを期待していませんでした。それが目標ではありませんでした。私の焦点は、スポーツマンシップの真の価値を称え、友愛するグランプリのメンバーと競争相手に尊敬しながら、自分自身に全力を尽くすことでした。」

「認識は成功の副産物であり、この認識は今日までの業績です。レジェンドの加入は、私にとって新しい最高のものです。オーストラリアGPの出席することは喜ばしいことです。私の旅に不可欠でした妻のブロンウィン連れて行きます。私たちは50年間一緒に過ごし、結婚して40年になります。それは長い歳月です!本当にありがとうございます!私は深く感動しています」と、感激の言葉を送った。

眼鏡がトレードマークだったコーク・バリントン