Tickets purchase
VideoPass purchase
News
20 days 前
By IDEMITSU Honda Team Asia

パウィが右前腕を手術

慢性筋区画症候群を克服するためにバルセロナ市内の大学病院で手術を受け、無事に成功。

イデミツ・ホンダ・チーム・アジアは20日、中量級2年目を迎える19歳のマレーシア人ライダー、カイルール・イダム・パウイがヘレス・サーキットで開催された今年2度目のオフィシャルテストの際に痛みを訴えた右前腕をスペイン・バルセロナ市内の大学病院で診察した結果、前腕上がり症状こと、「慢性筋区画症候群」だったことが判明。早期回復を目指して、15日に手術を受けたことを発表。

チャンピンシップのメディカルスタッフ、チャビエル・ミル医師による手術は、無事に成功。翌日の16日に退院し、3月6日からのオフィシャルテストに向けて、治療とリハビリに取り組む。