Tickets purchase
VideoPass purchase
News
12 days 前
By motogp.com

軽量級&中量級がバレンシアでテスト

マルケス、バグナイア、ロウズ、マリーニ、ミル、ブレガ、眞崎らがバレンシアでテスト。

Tags Moto2, 2018

中量級の4チームと軽量級の3チームは、26日から2日間、最終戦バレンシアGPの開催地、サーキット・リカルド・トルモでプライベートテストを実施。1日目は路面温度が30度近くまで上昇したドライコンディションだったが、2日目は雨によるウェットコンディションだったが、路面温度が上がらなかったことから、多くのライダーたちが走行を見送った。

2月6日から3日間、当地で開催された今年最初のオフィシャルテストを欠場したスカイ・レーシング・チーム・VR46のフランセスコ・バグナイアとルカ・マリーニ、エストレージャ・ガリシア・0,0・マーク・VDSのアレックス・マルケスは、カレックスのセットアップに着手。ジョアン・ミルは乗り換えに専念すれば、スイス・イノベーション・インベスターズのサム・ロウズとイケル・レクオナは、KTMのジオメトリーを調整。

ベスター・キャピタル・ドバイのマルコス・ラミレスとジャウマ・マシアは、テスト欠場を取り戻すために、徹底的に走り込み、スカイ・レーシング・チーム・VR46のニコロ・ブレガとデニス・フォッジアは、今年2度目のオフィシャルテストから始めたセットアップを継続。昨年の最終戦で右足首を骨折したブレガは、まだ痛みがあり、フォッジアは風邪により、あまり周回数を重ねられなかった。

5チームに合流したフォワード・レーシングのステファノ・マンジとエリク・グラナド、RBA・ボエ・スキル・ライダーのガブリエル・ロドリゴと眞崎一輝もドライコンディションの中で積極的にテストプログラムを実行。

バグナイア、ロウズ、レクオナ、ラミレスは転倒を喫した。

今回のプライベートテストに参加した7チームは、3月6日からヘレス・サーキットで始まる今年3度目、プレシーズン最後のオフィシャルテストに参加する。