Tickets purchase
VideoPass purchase
News
12 days 前
By Repsol Honda Team

マルケス「それほど離されていない」

セパンで総合8番手、ブリーラムで総合3番手だった後、ロサイルの初日はコンマ4秒差の10番手。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、開幕戦カタールGPの開催地、ロサイル・インターナショナル・サーキットで始まったオフィシャルテスト1日目に9度のコースインで47ラップを周回すると、1分56秒台を10回、1分55秒台を2回記録して、トップタイムから0.492秒差の10番手。

「電子制御に焦点を当てながら、ベースのセットアップを見つけることにトライした。最初はエンジンが少しアグレッシブだったけど、最後にはセッティングが良くなり、よりスムーズとなった。改良して行く必要があるけど、初日としては良かった。仕事を続け、一貫的になるための2日間が残っている。」

「このトラックは他のトラックと比較して、僕たちへの要求が厳しい。そのことを覚悟しているけど、好きなんだ。楽しいし、それほど離されていない。明日は幾つかの詳細を詰めて行こう」と、10番手発進だった初日を振り返った。