Tickets purchase
VideoPass purchase
News
17 days 前
By Ducati Team

ドビツィオーソ「僕たちは候補。最高の良い気分だ!」

ロングランを実行中に2番時計を記録。優勝候補、チャンピオン候補として自覚の発言。

ドゥカティ・チームのアンドレア・ドビツィオーソは、オフィシャルテスト1日目にフェアリングやセッティングに集中して2番手だった後、2日目は7度のコースインで41ラップを周回すると、1分55秒台を15回、1分54秒台を最多の4回記録して、トップタイムから0.041秒差の2番手を維持。

「状況は変わった。僕たちは候補。昨年まではそうではなかった。これは、最高の良い気分だ。本当に嬉しい。テストは上手く進み、僕たちは大変良い仕事をした。テスト期間中は全てを試すことが難しいけど、今のところ、試したいことを全て試した。ものごとの進み方が本当に嬉しい。」

「スピードはすごく良い。新型シャーシで12ラップのロングランを実行して、そこでベストラップをマークした。このトラックは、僕たちのバイクに適応する。今年改めて確認した」と、自信を見せた。

オフィシャルテスト ‐ パーソナルリザルト
1日目: 1分55秒104 (+0.051秒/48周/2番手)
2日目: 1分54秒627 (+0.041秒/41周/2番手)

オフィシャルテスト ‐ トップタイム
1日目: 1分55秒053 (マーベリック・ビニャーレス)
2日目: 1分54秒586 (アンドレア・イアンノーネ)

サーキットレコードラップ: 1分54秒927 (2016年‐ホルヘ・ロレンソ)
サーキットベストラップ: 1分53秒927 (2008年‐ホルヘ・ロレンソ)