Tickets purchase
VideoPass purchase
News
20 days 前
By Repsol Honda Team

ペドロサ「状況を何とかコントロール」

最後のオフィシャルテストは初日の転倒が影響したが、プレシーズン全体の仕事に満足。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは、開幕戦カタールGPの開催地、ロサイル・インターナショナル・サーキットで実施されたオフィシャルテスト2日目に初日の転倒が影響して、左手の激痛に耐えながら、11番手から10番手に浮上した後、最終日は、9度のコースインで44ラップを周回すると、1分55秒台を9回、1分54秒台を1回記録して、トップタイムから0.745秒差の11番手、3日間総合12番手だった。

「全体的にプレシーズンが嬉しい。全てのトラック、全てのコンディションで非常に戦闘的だった」

「左手がすごく痛かった。2日目に多くの周回を重ねたことで、怪我した周辺に負荷がかかってしまったようだ。痛みでロングランが厳しかったけど、状況を何とかコントロールすることができた。」

「ここは僕たちが他車よりも少し苦しむトラック。ドゥカティがドビツィオーソと共に非常に速く走っているのを見た。特に最後のセクター。非常に強い。」

「全体的にプレシーズンが嬉しい。全てのトラック、全てのコンディションで非常に戦闘的だったと思う。僕たちは良い仕事をした。これが目標だった。さあ、グランプリに向けて仕事を始めるために、少しメンタリティーを切り替えよう」と、最終日とプレシーズンを評価した。

オフィシャルテスト ‐ パーソナルリザルト
1日目: 1分55秒555 (+0.502秒/37周/11番手)
2日目: 1分55秒282 (+0.696秒/35周/10番手)
3日目: 1分54秒774 (+0.745秒/44周/11番手)

オフィシャルテスト ‐ トップタイム
1日目: 1分55秒053 (マーベリック・ビニャーレス)
2日目: 1分54秒586 (アンドレア・イアンノーネ)
3日目: 1分54秒029 (ヨハン・ザルコ)

サーキットレコードラップ: 1分54秒927 (2016年‐ホルヘ・ロレンソ)
サーキットベストラップ: 1分53秒927 (2008年‐ホルヘ・ロレンソ)