Tickets purchase
VideoPass purchase
News
16 hours 前
By Idemitsu Asia Talent Cup

イデミツ・アジア・タレント・カップ~開催5年目が開幕

アジア&オセアニアを対象としたヤングライダーの発掘育成を目的に設立された大会の緒戦に日本勢5名が挑戦。

イデミツ・アジア・タレント・カップは今週末、初開催の14年以来4年ぶりにオープニングラウンドに指名されたロサイル・インターナショナル・サーキットで開催。17日に決勝レース1、18日に決勝レース2が行われる。

2月19日から2日間、今季の参戦を予定するヤングライダーたちは、第3戦と最終戦の開催地、セパン・インターナショナル・サーキットでテストを実施。昨年総合2位を獲得した埜口遥希(のぐちはるき/16歳)が昨年7月に当地で開催されたポールポジションタイムに接近する1番時計を記録。総合1番手に進出すれば、同じく継続組の平間光司(ひらまこうじ/17歳)は、シーズンに向けたトレーニング中に負傷したことから、今週末は欠場。

新加入組では、西村硝(にしむらしょう/16歳)が3番手、千田俊樹(せんだとしき/14歳)が10番手、山田尚樹(やまだなおき/15歳)が16番手。デビュー戦を迎えれば、9番手だった松山拓磨(まつやまたくま/13歳)は、テスト中に接触転倒を喫した際に骨折したことから、6月の復帰を目指し治療とリハビリに専念。松山の代役として、リザーブライダーに指名されていた木内尚汰(きうちしょうたい/14歳)が招集される。

イデミツ・アジア・タレント・カップのユーチューブ(www.youtube.com/c/AsiaTalentCup)では、決勝レース1を17日15時55分(日本時間の21時55分)、決勝レース2を18日12時50分(日本時間18時50分)から生中継で配信。