Tickets purchase
VideoPass purchase
News
9 days 前
By Movistar Yamaha MotoGP

マーベリック「難しい、本当に難しかった」

ヤマハでのデビュー戦でポール・トゥ・ウインを決めた1年後、初日は連続11番手。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのマーベリック・ビニャーレスは、開幕戦カタールGPのフリー走行1で11番手。フリー走行2は、3度のコースインで17ラップを周回すると、1分55秒台を5回記録して、トップタイムから0.834秒差の11番手だった。

「難しい。本当に難しかった。2週間に実施したテストは全てが良かったわけではないから、ある程度予想はしていた。今日はもう少し良くなることを期待していたけど、全ての分野でちょっとした問題があった。現実的にバイクの良い感じがない。かなり長い間、良い感じがない。テストと同じ問題。仕事を継続して、この状況が抜け出したい。」

「16年型のシャーシを使う。少し調整されているけど、シャーシが問題だとは思わない。電子制御の改良が必要だ。リアのグリップも。コーナーの進入で大きく滑ってしまし、フロントタイヤに大きな問題をもたらしてしまう。明日に向けて、大きく変更しなければいけない。新たな方向性を試す必要がある。」

「僕が唯一できることは落ち着くこと。そして、働くこと。僕は全力を尽くし、ヤマハはいろいろなことを試している。辛抱強くなり、働かないと。自分のレベルが分かっている。バイクが整ったときには、僕はそこにいる」と、前向きな姿勢を崩さなかった。