Tickets purchase
VideoPass purchase
News
28 days 前
By LCR Honda CASTROL

クラッチロー「勝てなかったけど、負けもしなかった」

2年連続して転倒リタイアを喫したカタールで、インディペンデントチームライダー勢の最高位に進出。

LCR・ホンダ・カストロールのカル・クラッチローは、開幕戦カタールGPの決勝レースで、フロントにミディアムコンパウンド、リアにソフトコンパウンドのタイヤを装着。ウォームアップ走行で今季初転倒を喫したが、2列目4番グリッドからトップグループに位置すると、表彰台争いのバトルを繰り広げ、優勝者から2.881秒差の4位でフィニッシュ。インディペンデントチームライダー勢の最高位を獲得した。

「ハッピーだよ。当然、目標は表彰台だったけど、2年連続して転倒リタイアを喫していたから、まずはポイント圏内でフィニッシュすることが目標だった。チャンピオンシップは長い。冬の間に素晴らしい仕事をしてくれたチームに感謝したい。同じように、エンジンに関して素晴らしい仕事をしたホンダにも感謝したい。これは、特にストレートで少し戦闘力が高まったことを意味する。」

「表彰台の3人はグレートなレースをした。とても楽しかった。ザルコが後退したときに、ゴムバンドが弾けような状態になり、前の3人が逃げてしまった。ザルコを抜いてからは、彼らと同じペースで走った。彼らには勝てなかったけど、負けもしなかった。さあ、過去にグッドなリザルトを獲得したアルゼンチンだ」と、12年以来となる4位発進を決めた緒戦を振り返り、15年と17年に3位表彰台を獲得した次戦に期待を膨らませた。