Tickets purchase
VideoPass purchase
News
29 days 前
By Movistar Yamaha MotoGP

ビニャーレス「あと5ラップ足りなかった」

15番手まで後退した後に好ペースで挽回。改めて自分が望む方向でセットアップを進めことを強調。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのマーベリック・ビニャーレスは、開幕戦カタールGPの決勝レースで、フロントにミディアムコンパウンド、リアにソフトコンパウンドのタイヤを装着。4列目12番グリッドからスタートすると、2ラップ目に15番手まで後退。5ラップ目にはトップから5.251秒差まで引き離されたが、中盤にセカンドグループを抜き、終盤にはトップグループに追いつき、3.888秒差の6位まで挽回した。

「僕のバイクは一つの方向に向かって進む。バレンティーノは、別の方向に進む」

「あと5ラップ足りなかった。少し後味が悪い。もう少し前からスタートしていたら、優勝争いができていただろう。電子制御が原因で、エンジンパワーが足りず、序盤はアタックを仕掛けることができなかったけど、週末を通じて追求していたフィーリングとペースがあった。」

「フリー走行4の後で、フィーリングが高まるバイクにした。昨年は難しいことを探していたけど、すごく簡単なことだった。半年間はバイクの良い感じがなく、3か月間は走らせることができなかった。今日は走ることができた。ペースがあり、1ラップが足りないだけ。僕のバイクは、僕の方向に向かって進む。バレンティーノは、僕とは違う方向に進む」と、晴れ晴れした表情でレースを振り返った。