Tickets purchase
VideoPass purchase
News
7 days 前
By Alma Pramac Racing

ミラー「トップ10入りと週末が嬉しい」

オフィシャルテストで総合11番手だった後、最高峰4年目の緒戦は10番グリッドから10位。

アルマ・プラマック・レーシングのジャック・ミラーは、開幕戦カタールGPの決勝レースで、フロントにミディアムコンパウンド、リアにソフトコンパウンドのタイヤを装着。4列目10番グリッドからスタートすると、セカンドグループで走行。最終的にポジションを維持する14.594秒差の10位でフィニッシュした。

「グッドなレースだったけど、フロントタイヤ、特に正しく旋回することができず、フィーリングを失い始めたことで、思うようにプッシュすることができなかった。それでも、トップ10入りと週末が嬉しい。チームと一緒にグレートな仕事をしているという充実感があるから、次のアルゼンチンに向けて大きな自信を与えてくれる」と、次戦に期待を膨らませた。