Tickets purchase
VideoPass purchase
News
25 days 前
By Idemitsu Asia Talent Cup

イデミツ・アジア・タレント・カップ~埜口が2連勝

総合1位の埜口が第1レース、第2レース共に僅少さで競り勝って、アドバンテージを拡大。

イデミツ・アジア・タレント・カップの第2戦タイ大会は週末、ブリーラム・インターナショナル・サーキットで行われ、ポイントリーダーの埜口遥希(のぐちはるき/16歳)が第1レースと第2レースで連勝を挙げ、タイトル争いにおいて、ライバルたちとのポイントアドバンテージを広げた。

第1レースは、参戦2年目で初めてポールポジションを獲得した埜口は、開幕戦第1レースを再現するように、2番グリッドのマリオ・アジ(インドネシア/13歳)との優勝争いを繰り広げて、0.719秒差で競り勝てば、3番グリッドのビル・ファン・エルデ(オーストラリア/15歳)は、10人による表彰台争いを制した。

第2レースは、埜口がファン・エルデと優勝争いを0.005秒差で競り勝ち、第1レースで5位だった9番グリッドのアフリザ・ムナンダールが0.160秒差の3位表彰台を獲得。アジはメカニカルトラブルでリタイア。

他の日本勢は、7番グリッドの千田俊樹(せんだとしき/14歳)が、12位と転倒リタイア。17番グリッドの西村硝(にしむらしょう/16歳)は、10位と転倒リタイア。18番グリッドの木内尚汰(きうちしょうたい/14歳)は、11位と8位。20番グリッドの山田尚樹(やまだなおき/15歳)は、転倒後に17位と11位。

次戦マレーシア大会は、マレーシア・スーパーバイク選手権の併催として、7月28日に第1レース、29日に第2レースが行われる。