Tickets purchase
VideoPass purchase
News
12 days 前
By motogp.com

フリー走行1:参戦2年目のベツェッキが初の1番時計

オフィシャルテストで存在感を見せていた19歳のイタリア人ライダーが初の1番手進出。

第2戦アルゼンチンGPのフリー走行1は6日、テルマス・デ・リオ・オンドで行われ、開幕戦カタールGPで14位だったマルコ・ベツェッキがフル参戦2年目で初めてのトップタイムをマーク。1番手発進を決めた。

気温22度、路面温度26度のドライコンディションの中、フル参戦3戦目を迎えるアダム・ノルディンは、自己最高位となる0.347秒差の2番手。エネア・バスティアニーニ、トニー・アルボリーノが続き、開幕戦勝者のホルヘ・マルティンは、0.902秒差の5番手。開幕戦2位のアロン・カネトは、マカール・ユルチェンコと接触転倒を喫して6番手。

開幕戦で8位の佐々木歩夢は、1.062秒差の10番手。デビュー戦で13位に進出した真崎一輝は、当地初挑戦で16番手。7位の鳥羽海渡は17番手。欠場した鈴木竜生は22番手だった。

Support for this video player will be discontinued soon.

Moto3™クラス‐フリー走行1