Tickets purchase
VideoPass purchase
News
16 days 前
By Ducati Team

ロレンソ「上位陣に匹敵するタイムだ」

昨年1コーナーで転倒リタイアしたアルゼンチンで、最後尾に後退したが今季初ポイントを獲得。

ドゥカティ・チームのホルヘ・ロレンソは、第2戦アルゼンチンGPの決勝レースで、5列目14番グリッドからスタート直後の1コーナーで最後尾に後退したが、ポイント圏内の15位でゴール。今季初ポイントを稼ぎ、総合20位に浮上した。

「僕にとって最悪のコンディションになってしまった。スリックタイヤでスタートしたけど、ウェットパッチが残っていた。スタートは非常に困難だった。沢山のライダーたちに囲まれた中でスタートすることに慣れていないし、昨年のように1コーナーでの転倒を避けたかった。」

「大きくはらんでしまい、最後尾からの巻き返しにトライした。フィーリングを追求した。トラックが乾いて行くと、上位陣に匹敵するタイムで走り始めた。これは週末を通じて最も難しかったこと。周回を重ねる度に快適さが増したことで、オースティンで速く走る手段を見つけるために、パワーを与えてくれる」と、最後尾に後退した理由を説明し、次戦につながるレースをなったことを喜んだ。