Tickets purchase
VideoPass purchase
News
8 days 前
By motogp.com

クラッチローがシーン以来となる総合1位

英国人ライダーとしては79年の開幕戦ベネズエラGP以来49年ぶりにポイントリーダーに進出。

LCR・ホンダ・カストロールのカル・クラッチローは、通算125戦目となった第2戦アルゼンチンGPで、最高峰クラスの英国人ライダーとして8人目となる3勝目を飾り、76年と77年に500ccクラスを連覇したレジェンド、バーリー・シーンがサンカルロス・サーキットで開催された79年3月の開幕戦ベネズエラGPで優勝を挙げて以来、49年ぶりとなるポイントリーダーに飛び出した。

32歳のイギリス人ライダーは、16年8月の第11戦チェコGPで、シーンがアンデルストープ・サーキットで開催された81年8月の最終戦スウェーデンGP以来、35年ぶりとなる優勝を挙げていた。