Tickets purchase
VideoPass purchase
News
24 days 前
By Monster Yamaha Tech3

ザルコ「表彰台に向けてプッシュしよう」

開幕から3戦連続、昨年10月の第15戦日本GPから7戦連続なる1列目から表彰台に挑戦。

モンスター・ヤマハ・テック3のヨハン・ザルコは、第3戦アメリカズGPの公式予選でトップタイムから0.552秒差の4番時計。明日の決勝レースを1列目3番グリッドから迎える。

初日はエンジンとブレーキの問題に見舞われて総合13番手。2日目は、フリー走行3で2番手に浮上。レースシミュレーションとなるフリー走行4は、2度のコースインで11ラップを周回すると、2分06秒台を3回、2分05秒台を3回記録して2番手に浮上。

「初日は大変難しかったから本当に嬉しい。午前はドライコンディションで走れたことが嬉しい。プッシュすることができ、予選に向けて、グッドなラップタイムをマークした。ソフトタイヤはエクストラなグリップを与えてくれず、さらに悪くなってしまうから、予選では2本のミディアムタイムを使った。初日も2日目も同じような状況だったから、とてもストレンジだけど、僕たちは上手くマネージメントができ、全体的に戦闘力がある。」

「明日は表彰台に向けてプッシュしよう。そのためのペースがあることを期待する。さあ、身体を休めて、最後までペースを維持できるようにトライしよう」と、挽回した2日目を振り返った。