Tickets purchase
VideoPass purchase
News
19 hours 前
By Team Suzuki Ecstar

イアンノーネ「絶対とは絶対に言えない」

チームとエンジニアの仕事を称賛。1列目から1年半の仕事に値するリザルトを追求する。

チーム・スズキ・エクスターのアンドレア・イアンノーネは、第3戦アメリカズGPの公式予選で、トップタイムから0.551秒差の3番時計。マルク・マルケスのペナルティにより、明日の決勝レースを昨年11月の最終戦バレンシアGP以来となる1列目から迎える。

「1列目は昨年のバレンシア以来。バイクの本当に良いフィーリングがある。今週末、僕たちはプラクティス毎に本当に良い仕事をした。エンジニアたちは素晴らしい仕事をしてくれ、改良することができた。レースに向けて完璧に準備が整った訳ではないから、幾つかのセッティング見つけるために、ウォームアップ走行を利用しよう。」

「難しいレースとなるだろう。特にマルケスはハイペースで走っているけど、絶対とは絶対に言えない。全てを試し、プッシュしよう!1列目からのスタートが嬉しい。僕たちは、この1年半懸命に仕事に取り組んで来たから、スズキにグッドなリザルトをもたらしたい」と、上位進出に挑戦する意気込みを語った。

イアンノーネ「多くのライダーたちが接近している」

Productive day ... Tomorrow we start from P.3 • thanks team @suzukimotogp #austin ???????? #maniac #ai29 ????

Andrea Iannoneさん(@andreaiannone)がシェアした投稿 -