Tickets purchase
VideoPass purchase
News
26 days 前
By LCR Honda CASTROL

クラッチロー「1列目に進出しなければいけなかった」

4度のプラクティスで証明した速さを予選で発揮できなかったことに激怒したが、前戦の再現を狙う。

LCR・ホンダ・カストロールのカル・クラッチローは、第3戦アメリカズGPの公式予選でトップタイムから0.798秒差の7番時計。明日の決勝レースを3列目から迎える。

キャリア初の総合1位として迎えた初日は連続5番手。2日目は、フリー走行3で4番手。レースシミュレーションとなるフリー走行4は、2度のコースインで13ラップを周回すると、2分06秒台を2回、2分05秒台を3回記録して5番手。

「決定的に期待していたけど、この結果は大きな失望だ。1列目に進出しなければいけないところで、3列目に終わってしまった。決して計画通りに進まず、2度のタイムアタックではリアタイヤのフィーリングはなかった。」

「チームは週末を通じて素晴らしい仕事をしてくれ、僕も懸命に働いた。戦闘力を感じる。僕の周囲のライダーたちよりもペースが良いから、表彰台を獲得できるけど、7番グリッドからのスタートは非常に難しい。それも僕たちの責任ではないけど、明日に視線を向けなければいけない。何ができるか見てみよう。」

「問題が分かっているから、内部で話し合いをしなければいけないけど、アルゼンチンでは10番グリッドから勝ったから、そうならなければいけない」と、気持ちを切り替えて決勝レースに臨むことを誓った。