Tickets purchase
VideoPass purchase
News
1 hour 前
By motogp.com

アプリリアがテストのために1日延滞

エスパルガロ兄とレディングが延滞して、シーズンに入ってから初めてのプライベートテストを実施。

アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニは、第3戦アメリカズGPの開催地、サーキット・オブ・ジ・アメリカズに延滞でして、プライベートテストを実施。10位に進出したアレイシ・エスパルガロと17位だったスコット・レディングがエンジンを中心テストプログラムに取り組んだ。

アプリリアのレーシングディレクター、ロマーノ・アルベシアーノは、「我々は昨年このトラックで多くの問題に見舞われました。問題をさらに追及するために、テストを実施することは大変興味深いです。今年は昨年と比較すれば、それほど苦戦しませんでした。このトラックは、ブレーキをかけずに旋回することが要求され、これは非常にチャレンジングです。さらに、低速回転からの加速に関して、我々は重点的に働かなければいけません。」

「燃料システムをはじめ、既にテストを実施した部品の再検証やまだ解決が必要な課題、そして、テストが必要な新しい部品など、多くのテストプログラムを予定しています。ムジェロ、もしくは、その前にカーボン製のスイングアームにトライする予定です」と、テストの目的と課題を説明した。

Test in Texas! Action ! #motogp

Reddingpowerさん(@reddingpower)がシェアした投稿 -

Aprilia RSGP18 // 0-100kmh 2.6s & 0-200kmh 5.5s ????????????

Aleix Espargaroさん(@aleixespargaro)がシェアした投稿 -