Tickets purchase
VideoPass purchase
News
13 days 前
By Monster Yamaha Tech 3

ザルコ「優勝争いに向けて、この機会を活かしたい」

レースシミュレーションとなるフリー走行4で16番手だった後、公式予選2で3番手に浮上。

モンスター・ヤマハ・テック3のヨハン・ザルコは、第4戦スペインGPの公式予選で、ポールポジションタイムから0.303秒差の3番時計を記録。昨年10月の第15戦日本GPから8戦連続の1列目を獲得し、予選最速を決定する『BMW・M・アワード』で初めて総合1番手に浮上した。

初日に7番手と3番手だった後、2日目はフリー走行3で4番手。レースシミュレーションとなるフリー走行4は、2度のコースインで15ラップを周回すると、1分39秒台を8回記録して16番手。

「僕はいつも全力で走る。バイクを信頼するけど、フリー走行4は中古タイヤで非常に難しかった。良いことは、フリー走行で苦戦すれば、決勝レースに向けて最善の準備ができるということ。」

「暑くて、初日のようなスピードを見つけられなかった。午前は良い感じだったけど、温度差が激しすぎる。右コーナーでまともなフィーリングがあるから、ハードにプッシュしよう。1列目が本当に嬉しい。優勝争いに向けて、もう一度この機会を活かしたい」と、会心の笑みで2日目を振り返った。