Tickets purchase
VideoPass purchase
News
10 days 前
By Movistar Yamaha MotoGP

ビニャーレス「ルマンではバイクが完璧に機能するかもしれない」

フリー走行4で9番手だった後、開幕戦以来今季2度目の公式予選1から11番手まで挽回。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのマーベリック・ビニャーレスは、第4戦スペインGPの公式予選で、ポールポジションタイムから0.628秒差の11番時計を記録。明日の決勝レースを4列目から迎える。

初日は9番手と10番手。グリップ不足が原因で、通常以上にバイクと格闘していることを訴えた後、2日目はフリー走行3で12番手。レースシミュレーションとなるフリー走行4は、3度のコースインで15ラップを周回すると、1分39秒台を7回記録して9番手。

「頭を真っ白な状態で挑む。バイクから最大のものを引き出そう。僕たち次第だ。ポイントを可能な限り沢山稼がなければいけない。今日は昨日よりも一歩前進した。明日はもう一歩前進しよう。ペースはもしかしたら、それほど悪くないかもしれないけど、上位陣に匹敵するほどではない。」

「問題は昨年と非常に似ている。僕たちは全てにトライしているけど、これ以上のことは、僕たちの手中にない。電子制御のことは何もできないから、ジオメトリーを調整している。セットアップは全て試したけど、限界は常に同じ。電子制御の変更が、更なる前進をもたらしてくれるだろう。」

「ウォームアップ走行は役に立たないと思う。気温が低ければ、バイクは良く機能する。もし、何かを試して機能しても、日中には機能しないかもしれない。もしかしたら、ルマンでは、バイクが完璧に機能するかもしれない。昨年の再現ができるかもしれない。説明することは難しい。僕は落ち着き、いつものように仕事を続けなければいけない」と、厳しい状況を説明し、全力でホームレースに臨むことを強調した。