Tickets purchase
VideoPass purchase
News
10 days 前
By Ducati Motor Holding

ドゥカティの代表がMSMAの代表に就任

92年に設立されたモーターサイクルスポーツ製造者協会に初めてドゥカティの関係者が代表に就任。

Tags MotoGP, 2018

ドゥカティ・モーター・ホールディングは6日、第4戦スペインGPが開催されたヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトでMSMAモーターサイクルスポーツ製造者協会の総会が開催され、代表を務めていた森山克英(本田技研)の後任に、最高経営責任者のクラウディオ・ドメニカリが選出されたことを発表した。

92年、ホンダ、スズキ、ヤマハ、カジバの4社がメーカーの権益を保護する目的で、GPMAグランプリマシン製造社協会が設立され、01年にロードレースグランプリ世界選手権の他に、スーパースポーツ世界選手権に参戦するメーカーを加え、ホンダ、スズキ、ヤマハ、カワサキ、アプリリア、ドゥカティの6社でMSMA(モーターサイクル・スポーツ・マニュファクチャラーズ・アソシエーション)と改名。今回初めてドゥカティの関係者が代表に就任した。