Tickets purchase
VideoPass purchase
News
10 days 前
By motogp.com

故ヘイデンの像が故郷オーエンズボロに設置

銅像の除幕式が開催され、市長が6月9日を『ニッキー・ヘイデンの日』と宣言。

故ニッキー・ヘイデンの家族は9日、17年5月22日に交通事故が原因で他界した06年チャンピオンの功績を称賛する彫刻を公開する除幕式を開催することを発表した。

ヘイデンの故郷であるケンタッキー州オーエンズボロ市の支援を受け、コロラド州の彫刻家ジョージ・ランディーンが制作したブロンズ像は、マツダ・レースウェイ・ラグナセカで開催された06年7月の第11戦アメリカGPで通算3勝目を挙げた際にアメリカ国旗と共に行ったウイニングランの姿がモデル。

6月8日に市内のコンベンションセンター正面の芝生に彫刻が設置され公開され、翌日には、市長のトム・ワトソンが6月9日を『ニッキー・ヘイデンの日』とすることを宣言する。