Tickets purchase
VideoPass purchase
News
12 days 前
By motogp.com

故・富沢の後任に指名されたケナン・ソフォーグルが引退

スーパースポーツ世界選手権で史上最多5度のチャンピオンに輝いたトルコ人ライダーが引退を決意。

10年10月、テクノマグ‐CIPから故・富沢祥也の代役に指名され、第17戦ポルトガルGPのデビュー戦で5位に進出したトルコ人ライダー、ケナン・ソフォーグルが今週末にイモラ・サーキットこと、アウトドローモ・インテルナツィオナーレ・エンツォ・エ・ディーノ・フェラーリで開催されるスーパースポーツ世界選手権の第5戦イタリア・イモラ大会を最後に、現役から引退することを発表した。

10年11月の最終戦バレンシアGPでも好走を見せ、翌年も同チームからフル参戦。11年6月の第7戦TTアッセンで2位表彰台を獲得して、総合17位に進出。

12年、スーパースポーツ世界選手権に復帰すると、16年には2年連続5度目のタイトル獲得に成功。17年にポイントリーダーとして迎えた第10戦フランス大会で腰を強打したことから、タイトル連覇を逃し、18年2月の開幕戦オーストラリア大会で再び腰を強打。負傷から欠場が続いていた。

Assen 2011 - Moto2 - Race - Highlights