Tickets purchase
VideoPass purchase
News
5 days 前
By motogp.com

タイの代表団がスペインGPを視察

初開催の準備に向けて、国家治安警察、州交通省、市役所、サーキットらとミーティング。

第15戦タイGPの開催地、チャーン・インターナショナル・サーキットの責任者たちとタイ国政府観光スポーツ省のコープガーン・ワッタナワラーングーン大臣は、欧州ラウンドの緒戦となった第4戦スペインGPを視察するため、ヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトを訪問。ドルナスポーツをはじめ、ヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエト、ヘレス市役所、国家治安警察、アンダルシア州交通省ら各関係団体とのミーティングを行った。

チャーン・インターナショナル・サーキットのマネージングディレクター、タナイシリ・チャンビタヤロンは、「政府観光スポーツ省大臣と共に訪れました。グランプリの視察は今回が初めてです。ドルナをはじめ、地方自治体から大変素晴らしい支援をいただきました。今回の訪問は、グランプリの準備と促進が理由です。タイのファンは、我々のグランプリを待ち望んでいます。2月のテストは大きな話題となり、関連のイベントが沢山実施されました。」

「観戦券の販売は始まっています。マルケスとロッシの応援スタンドは既に満席ですが、他のスタンドは若干の空席が残っています。サーキットは沢山のファンで埋まるでしょう。タイのファンにとっては夢の実現です」と、訪問の理由を説明した。

「タイのファンにとっては夢の実現」