Tickets purchase
VideoPass purchase
News
2 days 前
By Silverstone

クラッチローが再舗装されたシルバーストンでデモ走行

市販車RC213V‐Sに乗り込んで全面再舗装されたトラックを走行。バンプが消え、グリップレベルに感銘。

第12戦イギリスGPの開催地、シルバーストンは、1月下旬から路面の再舗装工事を実施。14日にLCR・ホンダ・カストロールのカル・クラッチローがRC213Vの一部仕様を変更し、一般公道での走行を可能とした『RC213V‐S』を使用し、再舗装された路面を確認した。

「今日、シルバーストンにいることが名誉であり、作業と投資がトラックの改善に繋がったことを確認した。サーキットはライダーたちの意見を聴き、全面再舗装を実施した。一貫性には本当に驚き、グルップレベルは大変印象的だった。変更は非常に良かった。」

「再舗装前は、バンプが沢山あり、速く走るにはタフなトラックだったが、一貫性は信じられない。決定的にラップレコードに影響を及ぼすだろう。以前よりも、1ラップで1.5秒ほど速くなるだろう」と、再舗装されたトラックを称賛。

当地は昨年11月、ドルナスポーツとの間で、18年からの3年開催に関して合意。8年連続18度目の開催となる今年は、8月24日に開幕、26日に決勝レースが行われる。

クラッチローがシルバーストンの路面をチェック

Good day @silverstonecircuit ! Nice bike to ride too @hondaracingcorporation @hondaukpower Thanks for having me …

Cal Crutchlowさん(@calcrutchlow)がシェアした投稿 -