Tickets purchase
VideoPass purchase
News
2 days 前
By Monster Yamaha Tech 3

ザルコ「最高の気分。感動的だ!」

フランス人としては、99年7月のクリスチャン・サロン以来となるホームグランプリのポールポジションを奪取。

モンスター・ヤマハ・テック3のヨハン・ザルコは、第5戦フランスGPの公式予選でサーキットベストラップを更新。開幕戦カタールGP公式予選以来、今季3度目の最速時計を刻み、今季2度目、最高峰クラスで4度目、通算23度目のポールポジションを奪取した。

初日に連続5番手だった後、2日目はフリー走行3で4番手。レースシミュレーションとなるフリー走行4は、2度のコースインで17ラップを周回すると、1分33秒台を4回、1分32秒台を7回記録して4番手。

「最高の気分だ。とても感動的。ここでの予選で、こんな感動が得られるなんて思ってもいなかった。確かに速くなりたかったけど、ダッシュボードで31.185秒を見たときは、僕自身が驚いてしまった。1度目のランはすごく良かったけど、新品タイヤはさらに速さを提供してくれたから、2度目のランでトライして、上手く行った。」

「異なるタイヤで働いた仕事は素晴らしかった。駆けつけてくれたファンに感謝したい。ポジティブなエネルギーを与えてくれた。このエネルギーが勝利に十分であるか見てみよう」と、会心の笑みで公式予選を振り返った。

ザルコ「明日勝ったら泣いてしまうかも」

360度オンボード映像~ポールポジションラップ