Tickets purchase
VideoPass purchase
News
1 day 前
By Alma Pramac Racing

ペトルッチ「1列目から上位陣と一緒に走れるかもしれない」

今季3度目の公式予選1で1番手だった後、来季に向けて存在をアピールするドゥカティ勢の最高位を獲得。

アルマ・プラマック・レーシングのダニロ・ペトルッチは、第5戦フランスGPの公式予選でトップタイムから0.196秒差の3番手。開幕戦カタールGP以来となる1列目から明日の決勝レースを迎える。

初日総合13番手だった後、2日目はフリー走行3で11番手。レースシミュレーションとなるフリー走行4は、2度のコースインで13ラップを周回すると、1分33秒台を2回、1分32秒台を5回記録して2番手に浮上。

「フリー走行3まで何かが不足していた。バイクのバランスを何度も調整して、フリー走行4でその何かが見つかって、タイムが伸びた。期待していなかった。明日は表彰台争いができるか分からないけど、1列目からスタートすることで、上位陣と一緒に走れるかもしれない。タイヤを選択する必要があるけど、ヤマハ勢が来る。ザルコとマルケスが優勝争いをするだろう。」

「ドビツィオーソに感謝したい。僕がドゥカティに加入してから、サーキットの外を含めて、いつも僕を助けてくれた。ドゥカティは僕ができることをしっかり把握しているけど、今は全てが重要。僕の周囲の人たちは、落ち着くように助言してくれるけど、決して落ち着けない。プレッシャーを受けるとき、僕は怒りを覚え、さらにパワーを発揮する」と、2日目を振り返り、アンドレア・ドビツィオーソが将来のチームメイトになる可能性を示唆したことに対して感謝の言葉を送った。

ペトルッチ「目標は上位陣に食らいつくこと」