Tickets purchase
VideoPass purchase
News
2 days 前
By motogp.com

公式予選:トップ20が1秒以内に接近するPPバトル

全28名が1.4秒以内に進出。マルティが3戦連続のポール。日本勢の最高位は鈴木の15番手。

Moto3™クラス‐公式予選‐ハイライト

第5戦フランスGPの公式予選は19日、ルマンのブガッティ・サーキットで行われ、フリー走行総合12番手だった総合2位のホルヘ・マルティンがサーキットベストラップを更新する週末2度目、今季6度目のトップタイムをマーク。第3戦アメリカズGPから3戦連続、通算12度目のポールポジションを獲得した。

気温20度、路面温度37度のドライコンディションの中、フリー走行総合16番手のヤコブ・コーンフィールは、0.123秒差の2番手。自己最高位に進出して、14年10月の第17戦マレーシアGP以来となる通算3度目の1列目を獲得すれば、フリー走行総合5番手のエネア・バスティアニーニは、今季3度目の転倒を喫したが、昨年9月の第14戦アラゴンGP以来今季初の1列目に進出。

フリー走行総合1番手に進出したマルコス・ラミレスとフリー走行総合17番手のアルベルト・アレナスは、自己最高位タイとなる4番手と5番手。

ポイントリーダーに進出するフリー走行総合6番手のマルコ・ベツェッキは6番手。フリー走行総合2番手のニッコロ・アントネッリ、フリー走行総合13番手のファビオ・ディ・ジャンアントニオ、フリー走行総合25番手のアンドレア・ミニョ、フリー走行総合4番手のアロン・カネトがトップ10入り。前戦スペインGPで初優勝を挙げたフリー走行総合24番手のフィリップ・エッテルは12番手。

日本勢の最高位は、フリー走行総合9番手の鈴木竜生。0.738秒差の15番手に進出すれば、フリー走行総合11番手の真崎一輝は17番手。フリー走行総合21番手の佐々木歩夢は26番手。フリー走行総合8番手の鳥羽海渡は27番手に後退した。

Moto3™クラス‐公式予選