Tickets purchase
VideoPass purchase
News
3 days 前
By Monster Yamaha Tech 3

ザルコ「優勝という夢を追い続ける」

最高峰クラスにデビューした昨年の開幕戦以来となる転倒リタイアを喫し、辛抱強さがなかったことを反省。

モンスター・ヤマハ・テック3のヨハン・ザルコは、第5戦フランスGPの決勝レースで、ポールポジションから2番手走行中の8ラップ目、8コーナーで今季3度目の転倒。総合2位から37ポイント差の3位に後退した。

「チームと一緒に悪かったスタートを分析しなければいけない。抜かれることは許されない。全力を尽くさなければいけないけど、それが時々ミスを引き起こすこともある。難しいレースだった。ロレンソの後ろに位置したとき、もしかしたら、もう少し速く走ることができたかもしれないけど、彼のバイクは加速が良かったから、抜くのが難しかった。トライする度に、100%以上の走りを強いられた。1人だったら、ペース良く走れていただろう。彼を抜くには、それ以上の走りが要求されたけど、僕には余裕がなかった。」

「辛抱強くなり、周回を費やして分析しなければいけなかった。どのようにして抜くのかを考えるところで、限界の走りをしてしまった。表彰台を獲得するペースがあったと思う。優勝?もしかしたら。」

「今日は2度も転んでしまった。優勝と言う夢を追い続ける。もしかしたら、超現実主義かもしれないけど、僕は成長している」と、昨年3月のデビュー戦以来となる転倒リタイアを反省。

モンスター・ヤマハ・テック3は、第7戦カタルーニャGPの開催地、バルセロナ‐カタルーニャ・サーキットに移動。22日に変更されたレイアウトを確認するテストを実施する。

ヨハン・ザルコのクラッシュ