Tickets purchase
VideoPass purchase
News
12 hours 前
By Repsol Honda Team

11番グリッドから挽回したペドロサ「当然満足できない」

厳しい週末の後、4列目から巻き返したが、7年連続10度目の表彰台にあと一歩届かなかった。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは、第7戦カタルーニャGPの決勝レースで、フロント、リア共にミディアムコンパウンドのタイヤを選択。4列目11番グリッドから10.640秒差の5位。総合12位から11位に浮上した。

「週末の展開を考えれば、十分に良い結果を獲得したと思う。11番グリッドから始まって、5位で終われたことは、ビックなリカバリーしだったけど、当然満足できない。グッドなフィーリングがなかった。レースを通じて、グリップ不足に苦しんだ。」

「特に、コーナーの立ち上がりで速いライダーたちとバトルをした。ブレーキングでは彼らよりも少し強くなれたけど、終盤のラップタイムは少し遅かったから、カルに抜かれてしまった。ビニャーレスにも捕まってしまったけど、何とかポジションを守ることができた。明日のテストで、この問題を解決して、今後のレースで速くなれるようにしたい」と、ホームレースを振り返り、課題を説明した。