Tickets purchase
VideoPass purchase
News
5 days 前
By Ducati Team

2連勝を達成したロレンソ「数か月前には考えられなかった」

木曜の共同会見でタイトル獲得の可能性を発言した後、ポール・トゥ・ウインを達成して総合7位に浮上。

ドゥカティ・チームのホルヘ・ロレンソは、第7戦カタルーニャGPの決勝レースで、フロント、リア共にソフトコンパウンドのタイヤを選択。今季初のポールポジションからレースの主導権を握って、前戦イタリアGPに続き、2年ぶりとなる2戦連続の優勝を達成。最高峰クラス46勝目、当地で3年ぶり6勝目、キャリア通算67勝目を挙げ、総合10位から49ポイント差の7位に浮上した。

「ドゥカティで2勝を挙げられるなんて、数か月前には考えられなかった。これは、僅か1週間で浮き沈みが激しいことを意味する。過去を変えることはできない。確かに今季末にドゥカティから離れることは悲しいけど、唯一トライできることは、ドゥカティと共に可能な限りに多くの勝利を挙げること。そして、後味良く立ち去ることだ。」

「本当にナイスな優勝だ。グッドなスタートでレースをリードするだけでなく、ライバルたちを抜いて勝てることを証明した。今日は悪いスタートで、マルケスから少し引き離されてしまったから、厳しかったけど、落ち着いて、長いレースになることを考えた。彼はブレーキングが良かったから、抜くのが難しかった。最後まで食らいついて来たけど、僕たちには戦闘的なパッケージがあり、今週末はドビツィオーソも僕も戦闘力があった。」

「デスモセディチは、ほぼ全てのトラックで良く機能するから、この状況を利用しなければいけない。タイヤがあまり消耗しないことは、大きなアドバンテージとなる。勝利を喜び、明日から次戦のことを考えよう」と、2勝目を挙げた決勝レースを振り返った。

Support for this video player will be discontinued soon.

ロレンソ「正しいパーツが必要だったんだ」