Tickets purchase
VideoPass purchase
News
24 days 前
By Movistar Yamaha MotoGP

カーボン製のフロントフォークを試したビニャーレス「すごく良く機能する」

1年ぶりに初日総合1番手に進出した要因に、昨年のブルノ以来投入したフロントフォークを挙げた。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのマーベリック・ビニャーレスは、第8戦TTアッセンのフリー走行1で2番手。フリー走行2は、3度のコースインで最多の24ラップを周回すると、1分34秒台を11回、1分33秒台を2回記録して、第5戦フランスGPのフリー走行3以来、今季2度目の最速時計を刻み、昨年6月の第8戦TTアッセン以来、1年ぶりに初日総合1番手に進出した。

「もっと早い時期に試さなかったことが残念。もしかしたら、多くの問題を解決することに役立ったかもしれない」

「嬉しい。僕たちは沢山の仕事をした。アッセンは大好き。バイクは良く機能している。カーボン製のフロントフォークを試した。すごく良かった。もっと早い時期に試さなかったことが残念。もしかしたら、多くの問題を解決することに役立ったかもしれない。」

「確かに、昨年のブルノで試したけど、当時とはフィーリングが大きく違う。今回はすごく良く機能する。方向転換がすごく良い。僕が気に入るバイクになって来た。」

「もし、バイクが走らなければ、上位に進出できないけど、僕たちは良くなっている。悪い流れの後で不足していた信頼感を掴んでいる。僕は良い仕事をし、そのことが反映されている」と、総合1番手に進出した初日を振り返った。

Support for this video player will be discontinued soon.

ビニャーレス「バイクはグレートなレベルにある」