Tickets purchase
VideoPass purchase
News
11 days 前
By Red Bull MotoGP Rookies Cup

レッドブル・ルーキーズ・カップ~オンジュ弟が世界を目指す

年齢制限に関する競技規則が変更されたことから、来季の世界舞台進出が可能となった総合1位のオンジュ弟(14歳)がタイトル獲得に向けて優勝、表彰台を目指す。

レッドブル・ルーキーズ・カップは週末、ザクセンリンクで第4戦ドイツ・ザクセンリンク大会が行われ、22名のヤングライダーたちが、将来の世界舞台進出を目指して挑戦する。

FIM国際モーターサイクリズム連盟は3日、同大会のチャンピオンに対しても、Moto3™ジュニア世界選手権と同様に特例として、19年から年齢制限の規定を16歳から15歳に引き下げることを発表。今月26日に15歳の誕生日を迎える総合1位のジャン・オンジュ(トルコ/14歳)は、1週間前の前戦オランダ・アッセン大会で連勝した勢いに乗って、昨年3位と優勝を挙げた当地に乗り込み、総合2位のカルロス・タタイ(スペイン/14歳)、総合3位のフィリップ・サラチュ(チェコ/16歳)、総合4位のデニス・オンジュ(トルコ/14歳)、総合5位のチャビエル・アルティガス(スペイン/16歳)、総合6位の山中琉聖(16歳)らの挑戦を受ける。

第2戦イタリア・ムジェロ大会で初優勝を挙げた総合7位の國井勇輝(15歳)は、左手骨折により、2戦連続の欠場。

当サイトでは、14日の決勝レース1を日本時間の23時30分から、15日の決勝レース2を日本時間の22時30分からそれぞれ生中継で無料配信する。