Tickets purchase
VideoPass purchase
News
6 days 前
By Repsol Honda Team

9年連続の優勝に期待がかかるマルケス「表彰台争いにトライしよう」

41ポイント差のアドバンテージを持って、絶対的な強さを誇示したザクセンリンクに乗り込む。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、前戦TTアッセンで今季4勝目を挙げた後、後半戦の緒戦となる第10戦チェコGPの開催地、ブルノ・サーキットでプライベートテストを実施。今週末は昨年最高峰クラスに進出した13年から5年連続の優勝、フル参戦3年目の10年から8年連続してポール・トゥ・フィニッシュを達成したザクセンリンクに乗り込み、4年連続6度目、通算7度目のタイトル獲得を視野に、ポイントアドバンテージの拡大を目指す。

「アッセンの勝利は非常に重要だった。ミスを簡単に犯してしまうレースだったけど、チャンピオンシップにおいて、アドバンテージを広げることができた。さあ、ここ数年間強く走れたサーキットに行こう。しかし、毎年違うことが起きてしまう。」

「歴史が繰り返されることが頻繁にあるようだけど、天気が重要な役割を果たすかもしれない。もし、雨が降ったり、ミックスコンディションになったりすると、全てがあっという間に変ってしまうから、どのような状況にも対応できるように準備をしなければいけない。最初のプラクティスからストロングになれるように追求しよう。そして、日曜には表彰台争いにトライしよう」と、週末の取り組み方を説明した。