Tickets purchase
VideoPass purchase
News
9 days 前
By Team Suzuki Ecstar

フリー走行4で2番手進出のイアンノーネ「トップに向けてトライしよう」

フリー走行1から1番手、3番手、1番手、2番手に進出。課題に挙げていたタイヤの寿命も改善。

チーム・スズキ・エクスターのアンドレア・イアンノーネは、第9戦ドイツGPの公式予選でポールポジションタイムから0.412秒差の8番時計。明日の決勝レースを3列目から迎える。

初日は1番手と3番手。2日目のフリー走行3は1番手。レースシミュレーションとなるフリー走行4は、2度のコースインで20ラップを周回すると、1分22秒台を4回、1分21秒台を9回記録して2番手。

「ここまでは僕たちにとってポジティブな週末となっている。タイヤの寿命が改善された。これは僕たちにとって最も重要なことだ。もう少し仕事が必要だと思う。明日も仕事を続けよう。」

「フリー走行4では上手く走れ、グッドなペースを刻んだけど、レースを通じて一貫して走れることが重要。レース後半が重要となるだろう。予選では上位進出を期待していたけど、高温とスピニングに苦しんだ。明日はベストを尽くし、トップに向けてトライしよう」と、2日目の進歩を説明した。