Tickets purchase
VideoPass purchase
News
5 days 前
By Ducati Team

今季3度目の1列目に進出したロレンソ「グレートなリザルトだ」

ドイツGPの初優勝に向け、レースシミュレーションのフリー走行4で1分21秒台を最多の11回記録。

ドゥカティ・チームのホルヘ・ロレンソは、第9戦ドイツGPの公式予選でポールポジションタイムから0.057秒差の3番時計。明日の決勝レースを今季3度目の1列目から迎える。

初日は8番手と1番手。2日目のフリー走行3は8番手。レースシミュレーションとなるフリー走行4は、3度のコースインで16ラップを周回すると、1分21秒台を最多の11回記録して3番手。

「競技規則を変更しなければいけないだろう。昨年は、トラック上で他車を待つことができないと言われたけど、ペトルッチは非常に恥知らずな行為をした。合法的なのかどうかは分からない。確かに、マルクや僕は決してあのような走りはしないけど、数人のライダーたちはいつもあのような走りをする。」

「とにかく、このトラックを考えれば、グレートなリザルトだからとても嬉しい。もう少し速く走ることができたけど、最終コーナーでちょっとしたミスを犯してしまい、貴重なコンマ数秒を失ってしまった。僕たちは良い仕事をしているけど、レースは長く、厳しくなるだろう。グッドなスタートを切ること、終盤に向けて少し体力を温存すること、そして、正しいタイヤを選択することが重要となるだろう。表彰台を争うけど、優勝も可能性がある」と、予選を振り返り、今季3勝目3度目の表彰台獲得に自信を見せた。