Tickets purchase
VideoPass purchase
News
8 days 前
By Angel Nieto Team

今季最高位の最高位を獲得したバウティスタ「もっとできるはずだ」

プレシーズンでデスモセディチGP17が供給されなかった不利な状況から巻き返し、9戦目で5秒差の5位に進出。

アンヘル・ニエト・チームのアルバロ・バウティスタは、3戦連続して9位に進出した後、前半戦最後となった第9戦ドイツGPの決勝レースで、フロント、リア共にミディアムコンパウンドのタイヤを装着。3列目9番グリッドからトップグループを追走して、5.183秒差の5位でフィニッシュ。

「優勝者から5秒差のフィニッシュは容易なことではない。アッセンでは7秒差。ザクセンリンクでそのタイム差をさらに接近させることができた。5位は勝利ではない。カバを味わえなかったけど、ヘレスからポジティブな流れに乗っていることが大切だ。」

「僕たちのプレシーズンは長くなかった。11月のオフィシャルテストとプライベートテストを失ってしまったから、シーズン序盤は方向性を見つけるのに苦労したけど、今日はドビツィオーソとペトルッチよりも強さを感じていた。彼らの前に出るのに手こずってしまい、非常に貴重な4ラップを失ってしまった。」

「最後にはリアタイヤが悲鳴を上げてしまったけど、ロレンソが問題を抱えていたから、なんとか抜くことができた。僕たちの上達が嬉しい。モチベーションが高い。もっとできるはずだ」と、さらに上位進出を狙っていくことを宣言した。