Tickets purchase
VideoPass purchase
News
3 days 前
By Monster Yamaha Tech 3

9位進出のザルコ「十分なペースがなかった」

2戦連続の予選1から3戦連続の1桁台に進出で、インディペンデントチームライダー勢の最高位を堅守。

モンスター・ヤマハ・テック3のヨハン・ザルコは、第9戦ドイツGPの決勝レースでフロントにミディアムコンパウンド、リアにソフトコンパウンドのタイヤを選択。5列目13番グリッドから14.428秒差の9位に入り、4戦連続8戦目となるトップ10入りを果たしたが、総合4位から5位に後退した。

「レースが嬉しい。9位は厳しかった週末の後でグッドなリザルトだけど、表彰台を獲得できなかったことは少し残念。表彰台に進出するには十分なペースがなかった。チームと一緒に懸命に働いたけど、強くなるための適した解決策を見つけることができなかった。」

「困難な仕事だけど、フィーリングを掴み、もう一度速くなるために、サマーブレイク明けに解決できることを期待する。もう一度表彰台獲得に向けてペースを見つけられるように、後半戦に向けて指を交差しよう。総合5位は総合4位と同じだけど、トップ3と争うことは最高だ。自信がある」と、トップグループから離されたレースを振り返った。