Tickets purchase
VideoPass purchase
News
22 days 前
By Movistar Yamaha MotoGP

2度目の予選に出走したビニャーレス「改善の余地が大きい」

カタール、ヘレスに続き、今季3度目の公式予選1で1番手進出も公式予選2で12番手。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのマーベリック・ビニャーレスは、第10戦チェコGPの公式予選でポールポジションタイムから1.134秒差の12番時計を記録。明日の決勝レースを4列目から迎える。

初日総合6番手だった後、2日目はフリー走行3で11番手。レースシミュレーションとなるフリー走行4は、2度のコースインで11ラップを周回すると、1分57秒台を3回記録して1.315秒差の17番手に後退。

「予選2では、フロントにハードタイヤの方が良いと考えて、予選1でミディアムタイヤを使ったけど、結果的にはその反対となってしまった。ミディアムタイヤの方がすごく良い感じがある。ハードタイヤだとプッシュすることが難しい。」

「まだ、改善の余地が大きい。今週末、僕たちのセッティングは完璧でないから仕事の継続が必要だ。まだ、多くのポイント争いが残っている。いつものようにベストを尽くそう」と、公式予選2で公式予選1のタイムを更新できなかった2日目を振り返り、決勝レースでも全力で挑むことを改めて強調した。