Tickets purchase
VideoPass purchase
News
16 days 前
By Movistar Yamaha MotoGP

ディフェンシブなレースをしなかったロッシ「グッドなレースだった」

歴史的な生涯獲得ポイントの記録を達成したが、今季6度目の表彰台を逃したことを悔やんだ。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、第10戦チェコGPの決勝レースで、1列目2番グリッドから終盤までグループ内での優勝争いを繰り広げて、2.902秒差の4位。生涯獲得ポイントで歴史的な快挙となる6000ポイントを突破することに成功したが、ポイントリーダーとのギャップが46ポイント差から49ポイント差に拡大した。

「最終的にはグッドなレースになったと思う。グッドなスタートが切れ、グッドな序盤だった。常にトップグループに位置していた。問題はドビツィオーソ、マルケス、ロレンソとファイトするための十分な速さがなかったこと。十分なペースがなかった。表彰台獲得に向けてトライしたかったから残念。」

「最後にカルととてもグッドなバトルを繰り広げて、最後のシケインで抜くことができ、ポジションを1つ挽回したけど、表彰台獲得ということに関しては十分ではなかった」と、悔しさを語った。