Tickets purchase
VideoPass purchase
News
14 days 前
By Ducati Team

終盤に仕掛けたロレンソ「あと2ラップ足りなかった」

3戦ぶり3度目となるトップ3進出で、昨年の表彰台獲得数に並び、総合5位に浮上。

ドゥカティ・チームのホルヘ・ロレンソは、第10戦チェコGPの決勝レースで、2列目4番グリッドからアンドレア・ドビツィオーソ、マルク・マルケスとの優勝争いを繰り広げ、0.178秒差の2位。今季3度目の表彰台を獲得して、総合6位から5位に浮上した。

「非常に困難なことに見舞われた初日から懸命に働いた3日間だった。2日目に1秒ほどラップタイムを伸ばして、トップ5のグループに入り込むことができた。決勝レースでは、気温が2日目よりも低下したことが助かったけど、フロント、リア共にタイヤが少し限界だったから、体力とタイヤを温存させるために、ライディングスタイルを変えなければいけなかった。今までに一度も実行したことがない作戦だったけど、試す価値があった。周回を重ねる度に快適さが増した。」

「アンドレアにアタックを仕掛けるには、あと2ラップ足りなかった。もしかしたら、ラスト2ラップのときにマルクに抜かれなければ、アンドレアに逃げられることはなかったかもしれないけど、彼はグレートなレースをしたから祝福したい。僕たちにとって、ワンツーフィニッシュはグレートなリザルトだ。」

「オーストリアは僕たちのバイクにとって最高のトラック。ドライならば、理論的には優勝候補だけど、雨が降るかもしれなから、コンディション次第だろう」と、決勝レースを振り返り、次戦に期待を膨らませた。

ロレンソ「アンドレアを捕まえるは、あと数ラップ足りなかった」