Tickets purchase
VideoPass purchase
News
5 days 前
By LCR Honda CASTROL

ペトルッチを引き離したクラッチロー「グッドなレースだった」

ホームグランプリを前に、2戦連続7度目となるインディペンデントチームライダー勢の最高位を獲得。

LCR・ホンダ・カストロールのカル・クラッチローは、第11戦オーストリアGPの決勝レースで2列目5番グリッドから9.434秒差の4位に入り、インディペンデントチームライダー勢の最高位を獲得。同部門の総合1位に2ポイント差、総合2位に対しては1ポイント差まで接近した。

「マルク、ドビ、ロレンソとレースをすることが不可能だったけど、僕たちにとってはグッドなレースとなった。彼らを追いかけることができなかったけど、単独でグッドなペースを刻むことができた。リンスが接近していることを確認して、終盤にバトルをせずに、4番手を維持するためにペースを維持する必要があった。」

「チームは素晴らしい仕事をしてくれた。さあ、2週間後のシルバーストンのことを考えよう。まだ、走らせることが難しいバイクだと思う。他車と比較して、加速とブレーキングでバイクの挙動が大きいから身体面での負担が大きいけど、僕たちは昨年よりも強い。チームも僕自身も良い。今日はマルクが勝てそうだったけど、そうではなかったから、ホンダは残りのシーズンに向けて、さらに改良することができる」と、決勝レースを振り返り、ホンダ車の課題を説明した。