Tickets purchase
VideoPass purchase
News
8 days 前
By Movistar Yamaha MotoGP

12位でゴールしたビニャーレス「いつも以上に酷かった」

転倒リタイアと12位で2連戦を終え、イタリアに移動。ミサノでプレイベートテストを実施。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのマーベリック・ビニャーレスは、第11戦オーストリアGPの決勝レースで4列目11番グリッドから2ラップ目に16番手まで後退したが、4人を抜いて22.939秒差の12位でゴール。総合4位から5位に後退した。

「いつも以上に酷いレースになってしまったから、走行を楽しむのは不可能だった。プッシュすることができない。これでは誰も喜べない。ライディングスタイルを変えてみようと試みたけど不可能だった。唯一できることは、次戦のシルバーストンに向けて集中すること。」

「何が起きたのは分からないけど、スタートでバイクのパワーがなかった。いつものようなスタートを切ったけど、様々な角度から抜かれてしまった。問題は集中力ではない。センサーの問題が解決したようだけど、バイクのセットアップが正しくない。センサーよりも大きな問題だ。これからテストを実施するためにミサノに行く。走行を楽しもう」と、苦戦したレースを振り返り、プライベートテストと次戦イギリスGPに向けて気持ちを切り替えた。