Tickets purchase
VideoPass purchase
News
18 days 前
By motogp.com

ツー・ウェールズ・フォー・ライフ~チャリティーイベントで約4157万円の収益

デイ・オブ・チャンピオンズで過去最高額の収益を記録。オークションの最高入札額はロッシとのセルフィー権。

アフリカの農村地域、特にレソト、リベリア、マラウイ、ケニア、ナイジェリア、ガンビア、ジンバブエなどの国々にHIV(ヒト免疫不全ウイルス)、エイズ(後天性免疫不全症候群)、結核などといった病気に対する救命救急医療を展開する『Riders For Health(ライダーズ・フォー・ヘルス)』の活動を支援し、輸送手段を提供する『TWO WHEELS FOR LIFE(ツー・ウェールズ・フォー・ライフ)』は、今年もパドックとドルナスポーツの協力を得て、チャリティー活動を実施。

活動資金の収集を目的に、第12戦イギリスGPの開催地、シルバーストンで今年も『Day of Champions(デイ・オブ・チャンピオンズ)』を開催。23日に行われたオークションで10万3670ポンド(約1484万円)、イベントを通じて、過去最高額となる29万0300ポンド(約4157万円)の収益を記録した。

オークションの最高入札額となる3000ポンド(約42.9万円)を記録したのは、バレンティーノ・ロッシとのセルフィー権をはじめ、ロッシのサイン入りオイルドラムチェア、スカイ・レーシング・チーム・VR46提供の全ライダーサイン入りオーリング製ショック、最高峰クラスのグリッドパス一組、中量級のグリッドパス一組。

ロッシが第10戦チェコGPのプレスカンファレンスで描いた理想とするトラックレイアウトやマルク・マルケスがポールポジションで獲得したティソ製の腕時計、LCR・ホンダのホスピタリティー入場権、カル・クラッチローのツナギ、ドゥカティのツーシーター体験なども高額で競り落とされた。